MENU

糖尿病にオリゴ糖と言われる理由

人間は、血液中に含まれているブドウ糖がエネルギー源となって、
脳を始めとして全身の筋肉や内臓が機能するようになっています。

 

このブドウ糖は、ごはんやパンなどの炭水化物に含まれており、
食事を通してブドウ糖が血液の中に溶け込むようになっています。

 

その後、血液に吸収されたブドウ糖は血糖と呼ばれるようになり、食後一旦血液中の血糖値は増えるのですが、
数時間後には身体に吸収されることで減少するようになっています。

 

 

ところで、健康な方の場合インスリンというすい臓から分泌されるホルモンによって、
血液中の血糖値がうまくコントロールされるようになっているのですが、インスリンの分泌量が少なかったり、
うまく機能しないと血液中の血糖値が上昇したままの状態となり糖尿病になってしまいます。

 

そうした意味において、インスリンというホルモン分泌は私たち人間にとっては大切な成分でもあるのですが、
もともと遺伝的に少ない方もいますがストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどによって引き起こることもあります。

 

しかも、一旦糖尿病になってしまうと完治することは難しいとされており、
食事制限をしながら糖尿病の症状を緩和したりインスリン注射をしながら
血糖値の上昇を抑えるような努力をするしか手がないとも言われています。

 

特に、食事においては糖分の取り過ぎが糖尿病につながるために、
今糖尿病になっていないからといって糖分を取り過ぎるといつ何時糖尿病になってしまうかもしれないのです。

 

ただし、糖分摂取を控えようとして甘いものを食べないでいると
ストレスが溜まってしまうという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そこで、砂糖の代わりにお勧めしたいのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖の場合、体内に吸収されるスピードが遅かったり
消化器官では消化されない難消化性という特性を持っているために、
血糖値の上昇がほとんど見られないという糖分でもあるのです。

 

従って、すでに糖尿病になってしまっている方はもちろんですが、糖尿病を予防したいという方は、
砂糖に比べてカロリーが半分で血糖値の上昇に影響がないというオリゴ糖を一度試してみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

人気オリゴ糖ランキング2020
人気のオリゴ糖をランキングにてご紹介します。
オリゴ糖で血糖値の上昇を抑えられる?!
血糖値の上昇が気になる場合に、オリゴ糖がどのように役立つかご紹介します。
オリゴのおかげで便秘が解消する?
オリゴのおかげに含まれる乳果オリゴ糖は少量でも効果を発揮し、腸内まで届いて善玉菌のエサになり 活性化させて悪玉菌を減らす働きがあります。だからお腹スッキリにはいいんです。
フラクトオリゴ糖の効果に業界震撼!
腸内フローラ改善にオリゴ糖が効果的という。中でもフラクトオリゴ糖が優秀らしい。今なぜフラクトオリゴ糖に注目が集まっているのだろうか?!
オリゴ糖とビフィズス菌の関係
ビフィズス菌にとってオリゴ糖は無くてはならない存在です。なぜなのでしょうか?
知っているようで知らないオリゴ糖と砂糖の違い
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いを明確に答えることが出来ますか?
ガラクトオリゴ糖の効果、製造方法、含まれる食品について
ガラクトオリゴ糖のさまざまな効能効果、製造方法、含まれる食品などをご紹介します。