オリゴ糖 ビフィズス菌

MENU

オリゴ糖とビフィズス菌の関係

 

オリゴ糖はなぜ腸内環境に良い効果があるのでしょう。

それは、オリゴ糖がビフィズス菌の栄養となってビフィズス菌の働きを高めてくれるためです。

 

通常、糖類は消化・分解されて体のエネルギー源になりますが、オリゴ糖は胃や小腸で消化されにくいため、大腸まで届きます。
そこで腸内の善玉菌であるビフィズス菌の栄養源となるのです。
ビフィズス菌は私たちの腸内に存在する善玉菌の中でも、最も重要な存在と言えます。

 

ビフィズス菌の主な効果は下記の通りです。

  • 悪玉菌の生成を抑えて、腸内の環境を良くします。便秘や下痢の改善などの整腸作用があります。
  • 免疫調整作用があり、アレルギーの改善やガンの抑制などの様々な効果を生みます。

    インフルエンザ等の感染に対する防御作用もあります。

  • 悪玉菌の作用を抑えることで、肌トラブルの改善も期待できます。

腸内でのビフィズス菌の働きによって、私たちの健康が守られているといっても
過言ではないほど、大きな効果を発揮しているのです。

 

しかし、加齢や体調の変化等によってビフィズス菌は減ってしまいます。
例えば、ストレスを強く感じている場合や、食物繊維が不足している場合、
運動不足などでもビフィズス菌が減ってしまうことが確認されています。

 

そのため、腸内環境のバランスを整えるためにはビフィズス菌を保つことが大切です。
具体的には、オリゴ糖によってビフィズス菌を増やし、ビフィズス菌の働きを活性化させることが非常に効果的です。

 

オリゴ糖は、ビフィズス菌が最も好む栄養素です。しかも、他の菌には利用されにくいという特徴があります。
つまり、ビフィズス菌専門の補佐役として、腸内にオリゴ糖が存在していればビフィズス菌を増やしてくれる頼もしい存在です。

 

オリゴ糖は食品の中に自然に含まれています。
例えば、大豆や野菜、乳製品、はちみつ等に多く含まれます。
また、調味料としてオリゴ糖が販売されているため、砂糖の代わりに活用するのも良いでしょう。

 

関連ページ

人気オリゴ糖ランキング2020
人気のオリゴ糖をランキングにてご紹介します。
オリゴ糖で血糖値の上昇を抑えられる?!
血糖値の上昇が気になる場合に、オリゴ糖がどのように役立つかご紹介します。
オリゴのおかげで便秘が解消する?
オリゴのおかげに含まれる乳果オリゴ糖は少量でも効果を発揮し、腸内まで届いて善玉菌のエサになり 活性化させて悪玉菌を減らす働きがあります。だからお腹スッキリにはいいんです。
フラクトオリゴ糖の効果に業界震撼!
腸内フローラ改善にオリゴ糖が効果的という。中でもフラクトオリゴ糖が優秀らしい。今なぜフラクトオリゴ糖に注目が集まっているのだろうか?!
糖尿病にオリゴ糖と言われる理由
糖尿病になってしまっている方はもちろんですが、糖尿病を予防したいという方にもオリゴ糖がいいと言われるのはなぜなのでしょうか?
知っているようで知らないオリゴ糖と砂糖の違い
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いを明確に答えることが出来ますか?
ガラクトオリゴ糖の効果、製造方法、含まれる食品について
ガラクトオリゴ糖のさまざまな効能効果、製造方法、含まれる食品などをご紹介します。